遺言の必要性

もし、遺言がなく相続が発生した場合は、
相続人全員の署名押印を経た上で銀行預金の払い戻しや不動産の名義変更
を行います。

つまり、遺言がなければ相続人全員の話し合いが必要になるのです。

相続人同士の関係が良好で、話し合いが円満に解決するのであれば
遺言がなくても相続の手続がスムーズに進むでしょう。

ただ、遺産の分け方で兄弟間などで話し合いがうまくいかない事が予想される場合や
そもそも相続人のうち行方不明者がいる場合や
一度も交流がなく居場所も知らない人(異母兄弟同士など)がいる場合は、
生前に対策をしておくことがかなり重要になってきます。

相続する人も相続される人も是非、遺言を活用しましょう。